上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.22 大阪遠征
20080622220540
大阪に行ってきました。アジア選手権のドーピング検査のためです。とても高価な有料トイレでした(笑)
ここ数日の大雨のため、新幹線は遅れ、なかなかヒヤヒヤの大阪遠征になりました。
こんな時に役にたったのが、JRのエクスプレス予約。乗車直前まで何度でも予約変更ができます。
新幹線の運行状況を見ながら、最適な新幹線の指定席を変更して予約、行きも帰りもゆっくりできました。また、国内遠征では、新幹線しか使わないので(飛行機恐怖症)、遠征の多いボクはポイントがたまりまくり(笑)
今回の遠征では、行きの新幹線をたまったポイントを使ってグリーン車に乗りました。

ところで、ドーピング検査は塚本会長のBFでした。日曜日は定休日なので、トレは超久しぶりのゴールドジム梅田。
昨日と今日のトレを入れ替えて、ボクの大好きな『脚』トレをめちゃくちゃやり抜きました。
メニューは以下の通り。
①ナロースタンスのスクワット←最近の超お気に入り
②ワイドスタンスのスクワット
③45度レグプレス
④ハックスクワット←日頃出来ないので、遠征では外せない
⑤ダンベルスクワット
おまけで『縦型日焼けマシン』
もうトレ直後から両脚は痙攣しまくり。最高に満々満足の脚トレでした。
ゴールドジムでは、アジア選手権に一緒に行く今中くん、秋山さんに加え、ゴールドジム梅田のイントラ・井上浩さんにも会え、めちゃくちゃモチベーションが上がりました。

今中くんと秋山さんはドーピング検査の時も一緒でした。秋山さん、ベーグルご馳走様でした。今中くん、勤務明け、超お疲れさまでした。

写真は夢にまで見た(笑)『551蓬莱』の豚まん、肉団子の甘酢あんかけ、そしてワインです。誘惑に負けました。完敗です(笑)
何はともあれ、帰りの新幹線で久しぶりの一人宴会です。
今日一日頑張ったご褒美です。『他人に厳しく、自分に甘い』ボクなのです(笑) Jun Gao Katakawa ∞
スポンサーサイト
次の日曜日は大阪のBFに行って来ます。
アジア選手権のドーピング検査のためです。
アジア選手権直前の『日本クラス別』←福岡県で検査があれば、幸いだったのですが…
朝イチの新幹線で行って、梅田のゴールドジムに久しぶりに行こうかなあ、と思っています。
ドーピング検査が終わったら、『蓬莱』の肉まんを食べながら、ビールが飲みたいなあ(笑) Jun Gao Katakawa ∞
待ちに待った、アジア選手権(7月17日~21日・香港)への派遣決定通知が届きました。
なんと、日本の『四番バッター』75キロ級代表です!
ちょっとびっくりでしょ?

3月に朝生さんからマスターズの内定の通知をいただいてから、『A型』のボクとしては正式の通知をいただく迄は、あくまでも内定と認識して、公表は避けていました。
先月には、75キロ級代表の打診もいただき、心臓バクバク、嬉しさを隠すのが超大変でした(笑)

マスターズとダブルエントリーです。

勝負はこれからです。この決定に浮かれることなく、両カテゴリーとも最善を尽くします。
応援よろしくお願いします。 Jun Gao Katakawa ∞
いよいよボディビルシーズン到来です。
前回、コメント欄に『今村拓夫選手』のことを少し書きました。
今回から、ボクを感動させたビルダーたちのことを、一人ずつ紹介していきたいと思います。

まず第一回目の今日は、やっぱり『今村拓夫選手』ですね。
彼を初めて見たのはちょうど十年前、1998年7月『西日本選手権』(広島市)でした。
ボクはデビュー二年目。初めて西日本選手権に出場しました。

ボクは同期の赤澤くん(歳は親子程違いますが・笑)とともに、ベスト15を選ぶ第一次予選は通過しましたが、決勝のベスト12には、ともに選ばれず、仲良く落選しました(笑)

この時のチャンピオンは丸川選手、準優勝がかの田代誠選手。彼らもまだ地方で戦っていたんですね。
ちなみに、彼ら二人とも、この大会以降全国区です。

今村選手は彼らに続く第三位。とにかく真っ黒で、めちゃくちゃキレキレで、非常にインパクトのある身体で、異彩を放ち、彼らの中でも非常に目立っていました。とにかく、かっこいいおじさんでした←失礼。
特に大胸筋のキレは半端なかったですね。
また、年齢がボクより一つ上なのも大びっくりであり、40歳でデビューしたボクにとって、大いに励みになりました。

ボクは前年のデビューの年よりも若干は増えていたものの、70キロには程遠い身体でした。
デカサが全てではない。キレでも勝負できることを、今村選手を見て確信しました。
ボディビルはスポーツなのだから、絞りという努力でも戦える余地があることを目の当たりに見て、実感しました。

ただ、翌年、西日本選手権で今村選手の横に立った時に、彼のデカサを思い知らされました。
実は、彼はデカサもあったのです。特に大腿部は外則の張り出しも大きく、かっこ良かったですね。
以後、彼を目標に頑張ってきました。←『月ボ』のササミ氏には『今村選手はライバルです』などと大口を叩きましたが…

それだけに、2000年の日本マスターズで、一点差で今村選手に勝って、優勝出来た時の喜びは忘れられません。
今も相変わらずの、手抜きの無いキレキレのコンディションで日本マスターズに参戦されています。
恐るべし今村拓夫選手。これからも、ともに頑張りましょう。
Jun Gao Katakawa ∞
20080601221027
今日は二ヶ月振りに野村くんと飲みました。
今日のスコッチは『ボウモア』こりゃなかなかうまかったです。
話しも弾み、楽しい時を過ごしました。
次は、アジアが終わってからかな(笑)? Jun Gao Katakawa ∞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。